プーアル茶と黒烏龍茶の違い

プーアル茶と黒烏龍茶の違い

最近、トクホ商品の人気もあり、メタボリック予防や健康への意識が高まるにつれて、様々なお茶が発売されています。中でもよく耳にするのが、黒烏龍茶でしょうか。これに関して疑問を感じている人も多いようですが、黒烏龍茶とプーアル茶の違いとは一体なんでしょうか。

<黒烏龍茶とは>
黒烏龍茶とは、半発酵茶で青茶の分類になります。効果としては、血中の中性脂肪やコレステロールの低下があります。脂っこい食事と一緒に摂取することで、脂分の吸収を抑制してくれる働きがあります。また、食後の胃もたれ等を防ぎ、二日酔いにも効果があります。

<プーアル茶とは>
プーアル茶は、後発酵茶で黒茶の分類になります。効果として、食事中に一緒に飲むことによって、脂肪の吸収を抑制してくれる働きがあります。脂分をすぐに分解してくれるのです。更に腸内での脂肪や糖などの吸収を抑えることにより、血中のコレステロール値を下げる働きがあります。また酵素の働きにより脂肪の燃焼を促進させてくれます。新陳代謝を促して、胃腸の調子を整えて活発にしてくれる働きがあります。

<発酵の違いに関して>
上記のように、2つのお茶を比べてみると発酵に関して違いがあります。黒烏龍茶は酸化発酵したお茶で、プーアル茶は酸化発酵に加えて微生物発酵が行われています。この微生物発酵によって、より脂肪の吸収を抑制する力が強くなります。脂肪燃焼効果もほかのお茶に比べて数倍強いのです。どちらかというと、プーアル茶の方が、脂肪燃焼や吸収の抑制効果が高いので、ダイエットにおすすめです。

<飲み方の違い>
黒烏龍茶とプーアル茶では飲み方が違うようです。中国伝統できな飲み方によると、プーアル茶はまず1回目を捨てて2回目からを飲みます。茶葉を洗う工程があるのです。これはカビ臭さを取り除くために行われています。中には、プーアル茶の香りが苦手な人がいるようなので、気になる場合は茶葉を洗ってから入れるようにしてみましょう。更にプーアル茶が濃くなりすぎないように、白湯を足しながら飲みます。基本的には食後によく飲まれるようです。それに比べて黒烏龍茶は、食事中に一緒に飲んだほうが効果的です。そして、黒烏龍茶は沸騰したお湯に茶葉を入れて、しばらく煮出し、その日の内に飲みきる場合は茶葉をそのままにしておくそうです。同じお茶でも入れ方が全く違うのです。

黒烏龍茶もプーアル茶も、どちらもダイエットの助けになってくれる事は事実です。比べた時に、脂肪の燃焼効果はプーアル茶が勝りますが、好みがあるのではないかと思います。プーアル茶が美味しいと感じる人もいれば、苦手な人もいます。黒烏龍茶に関しても同じです。烏龍茶独特の味わいが嫌いだという人もいるでしょう。毎日の生活に取り入れるのであれば、自分の好みにあった方をおすすめします。美味しくなくては続きません。中にはどちらもブレンドされたお茶もあるようです。しかし、プーアル茶飲みでない場合は、賞味期限にも注意が必要です。プーアル茶は長期間保存すればするほど発酵が進み高級になります。黒烏龍茶はそういうわけではありませんので、その点も違いますね。

ダイエット茶ランキング!人気NO.1はコレだ!

ダイエットプーアール茶
※送料無料 900円(税別)
詳細はこちら
ダイエットプーアル茶購入はコチラ
メタボメ茶
※900円(税別)
詳細はこちら
メタボメ茶購入はコチラ
茶流痩々
※10日間お試し650円(税込)
詳細はこちら
茶流痩々購入はコチラ


▲このページの上部へ

© 2013-2015 プーアール茶を含むダイエット茶