プーアールを茶葉状態による分類

茶葉状態による分類

プーアール茶の茶葉の状態による分類について、ご紹介しましょう。生茶と熟茶をさらに細かく分類すると、生茶の中には、新芽を用いる餅茶や、大葉・中葉・小葉などの種類があります。一言でプーアール茶といっても、プーアール茶の製造・販売メーカーや製法によっても、味や香りに格差があります。

熟茶は、茶葉がかたまりのようになっていて、ベタつく感じですが、熟茶の中にも見た目は生茶とほとんど変わらないようなものもあります。実際のところ、このようなプーアール茶を見て、熟茶か生茶かどうか、見分けることはとても難しいようです。

茶葉は、熟成・発酵の期間が10年程度ではプーアール茶の中では比較的短いほうで、茶葉の状態はそれほど変化がみられていませんが、20年以上の長期間のものでは、茶葉を見てもその変化がわかります。茶葉の色がなんとなく枯れてきたようにも見えますが、古くなってお茶としての質が落ちたわけではありません。むしろ熟成・発酵が促進され、茶葉の質が向上したものと言えます。さらに30年〜40年ものになると、茶葉の状態に変化が見られるようになり、20年ものと比較してもあきらかに見た目が違うことがわかります。茶葉全体の色が濃くなり、茶色、またはこげ茶色になります。

プーアール茶は、日本でもすっかりおなじみの中国茶となり、多数のメーカーがプーアール茶を販売しています。プーアール茶は、中国茶専門の通販サイトでも購入できますが、信頼性の高い通販サイトを利用しましょう。中には茶葉の質も悪く、製造元も販売元もはっきりしていない悪質なところもあります。中には、粗悪品を高い価格で販売しているところもありますので、注意しましょう。

ダイエット茶ランキング!人気NO.1はコレだ!

ダイエットプーアール茶
※送料無料 900円(税別)
詳細はこちら
ダイエットプーアル茶購入はコチラ
メタボメ茶
※900円(税別)
詳細はこちら
メタボメ茶購入はコチラ
茶流痩々
※10日間お試し650円(税込)
詳細はこちら
茶流痩々購入はコチラ


▲このページの上部へ

© 2013-2015 プーアール茶を含むダイエット茶