プーアール茶の有効成分

プーアール茶の有効成分

プーアール茶の有効成分について、ご紹介しましょう。プーアール茶は、中国雲南省が原産地で、一般的なお茶として飲むことはもちろん、漢方薬としても処方されています。プーアール茶のおもな栄養素は、ミネラルやサポニンなどが多量に含まれており、脂肪分解作用により、肥満防止・解消、生活習慣病の予防にも良いとされています。

日本でもっともはやい時期に知られたお茶は、ウーロン茶ですが、ウーロン茶の次によく知られたお茶がプーアール茶です。胃のむかつき・二日酔い・整腸作用・血糖値上昇の抑制作用があるとされており、血行促進作用があります。

プーアール茶の成分をご紹介しましょう。プーアール茶は、アルカリ度が高く、約42%、カルシウムは約540mg、鉄分約50mg含まれています。この他には、タンニンという成分が含まれていますが、タンニンはポリフェノールの一種です。血中コレステロール低下作用、脂肪分解作用などがあります。ポリフェノールといえば、赤ワインに多量に含まれていることがわかりました。ポリフェノールには、抗酸化作用があります。タンニンは、プーアール茶だけでなく、紅茶やココア、コーヒーやウーロン茶、煎茶にも含まれています。

さらに緑茶に多量に含まれているカテキンの有効成分がプーアール茶にも含まれています。カテキンは、便秘予防・脂肪を抑制する作用・動脈硬化防止・抗ガン作用・抗酸化作用があるといれされています。プーアール茶は、カフェインがほとんど含まれていません。プーアール茶を飲んで健康維持したいと考えるなら、1日に5 〜 6杯程度、おもに食前に飲用することをおすすめします。食前にコップ1杯程度飲むと、満腹感が感じられるようになり、食欲を抑えられます。

ダイエット茶ランキング!人気NO.1はコレだ!

ダイエットプーアール茶
※送料無料 900円(税別)
詳細はこちら
ダイエットプーアル茶購入はコチラ
メタボメ茶
※900円(税別)
詳細はこちら
メタボメ茶購入はコチラ
茶流痩々
※10日間お試し650円(税込)
詳細はこちら
茶流痩々購入はコチラ


▲このページの上部へ

© 2013-2015 プーアール茶を含むダイエット茶